あなたの想いを残して、後世へ伝えていきます

Blog

想いを残す価値

映像・音声制作に関わり始めて、おかげさまでもう直ぐ丸3年を終えようとしています。

映像はYouTube、音声はPodcastに向けて制作しています。有難いことにお仕事をいろんな方から継続していただいています。

中でも思い出深いお仕事について、今日は書かせていただきます。

中高生に向けたメンタルに関する特別講演の撮影のお仕事

特別配信「【勝者の思考!】中高生のためのアスリートメンタル」

YouTubeやPodcastで『心に刻みたい人生哲学のはなし』を配信されているメンタルのプロの成田儀則さんが母校森村学園で、中高生のテニス部員の方に対して開催された「アスリートメンタル」を撮影・配信することをお手伝いさせていただきました。

2時間にわたる講演会でした。

基本ワンオペで動いているため、撮影しながらモニタリングは欠かせないのですが、ときおり会場を見渡すと、真剣な表情で成田さんの話を聞かれる学生さんたちの姿がとても印象的でした。

LIVEの良さ、Archiveの良さ

基本的に講演会はLIVEで開催されます。今でこそYouTube LIVEやZoomを使用して距離が離れていても視聴しやすい環境が整ってきましたね。

せっかく価値ある話をしても、同じ話をすることが物理的に難しかったり、当日参加したくてもできない人もいると思います。

とくに時を経て、その人の講演会を見たいとなったら──。一昔前でしたらその対象となるものは、本だと思います。

ぼくは本が好きで、100年以上前の先人たちの叡智で大いに助けられてきました。

本を出版できる人は、一昔前と比べれば自費出版や電子書籍での出版、自分でブログ記事などを書くなど、方法が増えてハードルが下がったとはいえ、今度は文字にするハードルがあると感じています。

成田さんの講演会を撮影させていただいたのは、もう2年前の2021年の11月。コロナ禍真っ只中でしたが、この映像を撮影・公開したことで、おかげさまで多くの方に成田さんのメンタルに関する智慧をお届けすることができました。

残すだけでなく、伝えていく

ここ数年、映画・アニメ・漫画・本・音楽など、データ化可能なものが続々と、サブスクリプションに対応し、一生かけても見きれないほどコンテンツに溢れる時代となりました。

そうなるとどうなるか?僕はそれでも情報の海に潜って、大量の情報を浴び続ける。そこから自分で自分に必要な情報を掴み取るということをしてきました。

AIのレコメンドも、だいぶパーソナライズされて良い感じで、自分好みのコンテンツが上がってくるのですが、それって何だか流動食を流し込まれているような感覚に陥るときがあります。

映像・音声製作を通して、ここ最近改めて感じます。

「残すことは簡単にできる」

でも

「残すだけでは埋もれてしまう」

ということに。

これから先も、僕は映像・音声で想いを持った人たちの制作に関わっていくでしょう。

でも、それ以上に一緒に制作してきた映像・音声を伝えていきたい。

100年前に書かれた本を今読んで人生が変わる人がいるように、今制作した映像・音声を100年後の人が観聴きしたときに人生が好転するように。

そういう思いでこれからも仕事をしていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたにとって、今日がいい1日となりますように。

タイトルとURLをコピーしました