#19:大きな会社と、小さな会社の働き方の違い
スポンサーリンク

こんにちはKimiです。

スポンサーリンク

#19:大きな会社と、小さな会社の働き方の違い

音源

制約をどう捉えるか

  1. 前に勤めていた会社は、高校卒業から働き始めて12年勤めました。
    親会社は創業100年続いている上場企業。IR情報を見ても一貫して高収益を出し続けてる大企業
  2. かたや、5ヶ月くらい勤めている今の会社は創業20年以上は経っていますが、売上も人数も多くない小規模会社

番組内では、大企業の方が制約があるように語っていますが、一概に言えないんですよね。

【大企業の制約】

  • 稟議書等の許可が必要(もちろん予算取り含めて、色んな根回し大事)
  • 社会的な責任が大きい
  • 同じ会社でも部署が違うと、雰囲気が違う
  • 会社の文化やルールが綿密に設定されている

 

【小規模会社の制約】

  • お金が限られている
  • 人的資源が限られている
  • 日常業務に追われている
  • 自由に行動出来すぎてしまう

これら以外にも、会社ごとによって状況は違うので、一概には言えないと思います。

 

大企業に勤めていた時は、

「(もっと自由に色んなことを実施してみたいのに…)」

と思っていました。が、立ちはだかるのは会社の仕組みやルール。目に見えづらい企業文化。

 

小規模会社に勤めている今は、

「(やりたいことはあるが日常に追われている…)」
「(仕組みがなさすぎて、どこから手をつければいいのか…)」

 

どちらにしても制約はある。

その制約を捉えた上で、自分に対して質問してみるといいかもしれません。

これをシェア〜では、どうする?〜

結局、どこにいても課題があって制約もある。

だったら、いまあるもので自分が何ができるか。

そんな時は、自分に対して「(課題に対して)では、どうする?」という問いかけをするようにしています。すると、行動につながる考えが浮かびやすくなるから。

 

目の前にある高い壁を見て、「(無理だ…)」という思考になったとき、

一度深呼吸して、「では、どうする?」という質問を自分に投げかけてみてください。

 

少しだけ違う結果が出てくるかもしれません。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにとって、今日という日が良い1日でありますように。

おすすめの記事