#28:ビーガンライフをやってみた結果

こんにちはKimiです。

#28:ビーガンライフをやってみた結果

音源

補足とか

僕がビーガン(ヴィーガン)ライフを行ったのは、ニュージーランドへ行く前。

3ヶ月ほど実行したと思います。

結果は、体重がガツンと落ちました。

はたから見ると、不健康と思われてしまうくらいに(p_-)

何事もバランスが大事だと、自分の身体を通して実感しました。

遅延型アレルギー検査をやってみて

番組内で少し触れたアレルギー検査。

僕が行ったのは、検査キットが届いて自宅で採血して、検査機関へ返送するというもの。

時間も手間もお金もかかりますが、意外と知らない自分の体のことを知れたので実施してよかったと思います。

気をつけないといけないのは、食生活の偏り。

誰でもアレルギー反応が出る食品があると思いますが、ある一定の食品を避けるが故に食生活が偏ってしまうのも考えもの。

昔ながらの旬の素材をおいしくいただくというのが、シンプルでいいのかも知れませんね。

ビーガン(ヴィーガン)料理

ニュージーランドのカラメアに1ヶ月ちょっと滞在していた時に、ホステルでシェフ手伝いをしていたのですが、その時にいくつかビーガン(ヴィーガン)料理を覚えました。

そのうち一つが、ビーガン(ヴィーガン)カレー。

これはもう鉄板料理です。

一度に大量に作って冷凍保存することができるので、急なビーガン(ヴィーガン)のお客さんが来ても対応できます。

ビーガン(ヴィーガン)カレーの作り方は覚えたので、カラメアを離れた後の滞在先で友だちに振舞って、なかなかの高評価。

日本に帰国してから一度も作ってないから、そろそろビーガン(ヴィーガン)カレーも作ってみようかな^_^;

こちらは少し手間がかかるグレインズサラダ(ブッダボウルとも)という料理です。

多種多様な素材を使うため、下ごしらえに時間がかかるんですよね。

彩り鮮やかな食事は透明の器に盛り付けるに限りますね。

見ても楽しめる。大好きな料理の一つです。

これをシェア〜自分用にカスタマイズ〜

人の話や、本の話題。今はネットにも情報が溢れてる。

どの方法も一定の結果が現れている。だからこそ迷うんですよね。

「で?結局、どれを選べばいいんだ??」と。

僕は”取り敢えず、自分で試してみよう”と思う人間なので、色々と試すようにしています。

今回の食生活については、普段は加工食品やファストフード、お肉は週の半分くらい。にすることで落ち着きました。

誰かと食事に行けば、好きなものを頼むし、週に一度はファストフード、甘いもの、何でも食べてOKのチートデーも設けるようにしてます。

今の所、それが僕にとっていい形のようです。

肩肘張りすぎず、自分がいいと思える形を作っていく。

食生活に限らず。

あなたは得た知識や経験どのように自分用にカスタマイズしていますか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにとって、今日という日が良い1日でありますように。

プロフィール
Kimi
地元高校卒業後、12年間腕時計製造メーカーの経理を担当。その後ニュージーランドへワーキングホリデー。現在は地元鹿児島で水道屋さんをやっています。