#3シェア:水道屋さんの日常
スポンサーリンク

こんにちはKimiです。

スポンサーリンク

#3シェア:水道屋さんの日常

音源

反省点:収録中になぜかAlexaが反応してしまい余計な音が入る。

もっと滑舌良く話をするかAlexaの電源を切る方がいいのかも^_^;

補足とか

[colwrapsp]

[/colwrapsp]

配管のやり替え。このアパートは水道メーターが部屋ごとに設置されておらず、水を止めるにはアパート全体(=全戸)の水を止める必要がありましたが、止水バルブをつけることで部屋単位で止水出来るようになりました。

[colwrapsp] [col46]

[/col46] [col64]新築のお宅の排水配管。穴を掘ることを削り(はつり、はつる)というのですが、これがとても大変。削りの度に「もっと体力つけなくては!」と痛感させられます。[/col64] [/colwrapsp] [colwrapsp] [col46]

[/col46] [col64]こちらは比較的多い台所水栓のカートリッジ交換。やってみると難しくないので、道具さえあれば実は誰でも出来てしまいます。[/col64] [/colwrapsp] [colwrapsp] [col46][/col46] [col64]ぼくが仕事で使っている軽トラ。MTの運転は久しぶりでしたが、だいぶ慣れてきました。[/col64] [/colwrapsp]

これをシェア〜フリーランス(一人親方)という働き方〜

ぼくは水道会社の社員として働いていますが、実は水道屋(に限らず大工や電気などの職人さん)さんって、「一人親方」というスタイルで働いている人が少なくありません。

今時の言葉で言うと「フリーランス」と解釈していいと思います。

組織に縛られたくない。自由に働きたい。

何も今に始まったことではなく、目を向ければ昔からフリーランスという働き方は存在しているんですね。

もちろん仕事をどのように受けるか。どうやって生活していくか、自己責任の部分が大きいですが、(何事もですが)自分のスタイルを確立すると面白そう。

「一人親方(フリーランス)」も一つの働き方なんですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにとって、今日という日が良い1日でありますように。

 

 

おすすめの記事