#33:「好きを仕事に」ってどういう事だろう

こんにちはKimiです。

あなたは好きなことを仕事にできていますか?

数年前から何となく耳にすることが増えたこの言葉について、思うことをお話ししてみました。

#33:「好きを仕事に」ってどういう事だろう

音源

偏愛マップ(by.齋藤孝)で自分の好きを知る。

好きなことを仕事にする際に「そもそも自分は何が好きなのか?」という疑問。

幼少期にやっていた事だったり、大人になってからも何気なく実行していることが、ヒントになります。

少し角度は違うかもですが、齋藤孝さんの偏愛マップという本が、自分の好きを掘り出す上でとっつき易く面白かったです。

自分の偏愛マップを作り始めたら、止まらなくなって内容が盛りだくさんになってしまいました^_^;

あなたの「好きなこと」は、今の仕事には持ち込める。

では、あなたの「好きなこと」が今の仕事になっていない場合、転職するしかないのか?

と言うのは、極端な意見だと思います。なら、「好きなことが出来ていない今の仕事を我慢してやり続けるしかないのか?!」という意見も少し極端。

世の中にある会社や仕事を判りやすく区分するために、「業種・業態」というわけ方がありますが、同じ業種・業態でも、仕事の内容が全く同じということはないと思います。

例えば、

  • 自分はどんな立場か?(正社員か否か。役職があるか否か。)
  • 会社を取り巻く環境は?(黒字経営で、積極的に挑戦するタイミングか?赤字続きで、目先の経営改善が必要なのか?)
  • あなたが担当している仕事の幅は?(言われたことをやる事しか認められていないのか。意見を言えば検討され、実行のチャンスが得られるのか?)

僕の場合だったら、

  • 本が好き    →本で学んだ内容を仕事で実際に使ってみる。
  • 書くことが好き →会社の規定や文書類を作成する。
  • 移動や旅行が好き→転勤や出張の話があれば、積極的に手を挙げる。

など、こんなことを前の会社でやっていた気がします。

もちろん今の仕事でも、同じか少し違うアプローチで、自分の好きなことを仕事に持ち込むことができるのです。

これをシェア〜「では?どうする?」を自分に問うてみる〜

野球が大好きで、みんながプロ野球選手に成ることが出来ればいいですが、実際には難しい。

ここで自分に質問してみると面白いかもしれません。

「では?野球が大好きと言うことを活かして、出来ることは何があるだろう?」

もしかしたら、全く関係ない農業の仕事をしていたとしても、野球繋がりで新しい知り合いが出来るかもしれない。規模の大きな会社であれば、会社内で野球同好会のようなものを作ってもいいかもしれない。

そのように考えると、案外今いる自分の環境も悪くないのかもしれませんね。

転職するにしても、いきなり収入ゼロ・スキルも人脈も無いのでは、かなりのハードモードになってしまうので、少しずつ準備しながらでも良いと思いますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたにとって、今日という日が良い1日でありますように。

プロフィール
Kimi
地元高校卒業後、12年間腕時計製造メーカーの経理を担当。その後ニュージーランドへワーキングホリデー。現在は地元鹿児島で水道屋さんをやっています。